ホーム 子どもは罰から学ばない
子どもは罰から学ばない - 東洋館出版社
子どもは罰から学ばない - 東洋館出版社
子どもは罰から学ばない - 東洋館出版社
子どもは罰から学ばない - 東洋館出版社

子どもは罰から学ばない

ISBN: 9784491055077

ポール・ディックス/著、森本 幸代/訳

セール価格 2,310(税込)
付与予定ポイントpt
6
人がこの商品を閲覧しています
タイプ: 電子版

再入荷通知

この商品が再入荷した際に通知を受け取るために登録してください。

レビューを書くと100ポイントプレゼント

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
匿名
よかった

子供との関わり方について深く学べました。

商品説明
必要なのは罰でも脅しでも、なだめすかしでもない。本当の信頼関係を結び、子どもが社会の中で生きていく力を育むために大切なもの。

本書の概要

筆者であるポール・ディックスは、イギリスで数々の教育困難校を立て直してきました。その中で、子どもたちの問題行動は傷つきや不安に由来すること、学校全体が一貫した基準で彼らに行動支援を行うことが大切だと考えました。
罰を用いても、子どもたちはそこから正しい行動規範を学ぶことはありません。傷つき、困りや怒りを抱える子どもたちには、他者と生きるためのふるまいを教えてくれる大人、身に付くまで根気よく支えてくれる大人こそが必要なのです。
本書では、そうした行動支援に必要な教師のマインドセットや方法を示します。

本書からわかること

教師の行動から子どもたちはメッセージを受け取っている

世の中には、「〇歳ならちゃんとできてあたりまえ」という、根拠のない言説があふれています。でも、それは本当でしょうか。子どもたちは日々、家庭で、地域で、学校で、他者と生きていくために必要なふるまいを学び続けています。しかし、たった一度教わるだけでそれらが身につくわけではありません。
子どもたちの中には、ルールや規範をすぐに守れる子と、それがむずかしい子がいます。環境によって精神的に追い込まれていたり、傷つきを抱えていたりする子どもたちはなおさらです。
ルールやふるまいを身に付けるには、学校や教室が一貫した基準で運営され、子どもたちにとってそれがわかりやすい形で示されていることが大切です。

罰や脅しを用いずに、行動に問題のある子どもをどう導くのか

本書では、学校や教室が子どもたちにとって安定した環境になるための方法がまとめられています。

・教師が毅然とふるまうことの大切さ
・子どもを気にかけ続けるということ
・悪い行いを目立たせても良いことはない
・ルールに従う子と人に従う子
・問題行動へ介入するためのスクリプト(指導台本)
・子どもと問題を解決するための修復的な会話・実践

問題行動があるときほど、そしてそれが続けば続くほど、力や声の大きさでねじ伏せてしまいたくなるかもしれません。でも、それで子どもがなにも学べないのだとしたら――。 明日からの学校経営・学級経営を変える一冊です。

こんな先生におすすめ

・子どもの問題行動が続いたときに対処の方法がわからない・迷うとき
・教師の「安定感」について考えたくなったとき
・むずかしい指導に直面したとき