「まったく書けない」子の苦手を克服! 教室で使えるカクトレ 学年区分別シリーズ
「まったく書けない」子の苦手を克服! 教室で使えるカクトレ 学年区分別シリーズ
「まったく書けない」子の苦手を克服! 教室で使えるカクトレ 学年区分別シリーズ
「まったく書けない」子の苦手を克服! 教室で使えるカクトレ 学年区分別シリーズ
「まったく書けない」子の苦手を克服! 教室で使えるカクトレ 学年区分別シリーズ
「まったく書けない」子の苦手を克服! 教室で使えるカクトレ 学年区分別シリーズ

「まったく書けない」子の苦手を克服! 教室で使えるカクトレ 学年区分別シリーズ

セール価格2,090(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

曽根朋之/監
茅野政徳/監
安藤浩太/編
佐野裕基/編

学年:低学年
数量:

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

「子どものつまずき」を分析して考案した「書けるようになる」ためのワーク!

本書の概要

子どもが書けないのは「書き方が分からない」から!「読点」や「主語述語のねじれ」などの基本から身に付けていき、「日記」「観察文」「創作文」などを書けるようにしましょう!

本書からわかること

コピーOK!普段の授業でも、朝学習や帯学習、宿題でも、手軽に使える3ステップ

ステップ1 みにつけよう―「長音」「促音」「敬体・常体」などの基本的なこと
ステップ2 やってみよう―「オノマトペ」「書き出しの工夫」などレベルアップ
ステップ3 のばそう―「日記」「観察文」など教科書に登場する文種を書けるように

 

 

    「書くこと」は劣勢?

    令和3年度全国学力・学習状況調査の記述問題(意見文)の正答率56・7%、無回答率9・5%。10人に1人が「全く書けない」問題があります。 本書製作に当たっては、学習指導要領の育てたい資質・能力をまず洗い出すことから始めました。系統的に「書くこと」の力を育てていく意識をもち、現場の子どもたちの反応も見ながらワークシートをよりよいものにしてきました。 スマートフォンの普及により、子どもたちの中では「打つこと」の意識が高まっているかもしれません。そこでは文面を考えることよりも、単語でもいいから、迅速にコミュニケーションすることを意識しているでしょう。 一方で、本来の「書く力」を育てれば、自分の考えを整理し、遠くの人、遠い未来にまで自分の考え残すことができます。この時代だからこそ、「書くこと」の指導を充実させていきたいところです。

     

    こんな人におすすめ

    目指したのは、子どもが自信をもって、しっかりと文を綴り、その積み重ねによって文章を書き上げる力を身に付けてくれることです。本書が、書けるようになりたいと願う子どもと、それを支える先生方の一助となれば幸いです。

    即日配送・送料無料

    1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。