小学校国語 「見方・考え方」が働く授業デザイン

小学校国語 「見方・考え方」が働く授業デザイン

セール価格2,310(税込)
- ポイント/円 還元

小林 康宏/著

数量:
在庫あり

国語の授業で大切なこと。それは、教材に向き合ったときにその作品の価値内容を感じられる力であり、同時に作品を読み解く術を見つける力であり、その術を他の作品を読んだり、表現したりすることにも活用していく力を獲得することです。この力は、課題解決的な学習を通して育てることができますが、その際に「対象をどんな視点で見て、どのように考えるか」という「見方・考え方」が必要になります。一時間の授業の中で、単元の中で、教室づくりで、ねらいと活動の切り口をちょっと工夫するだけで実現する、子どもが前のめりになる国語授業を創りたい。そう願う先生必読の一冊です。

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。