算数・数学 授業研究ハンドブック

著者 日本数学教育学会 編集
販売価格2,970 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

 

日本の算数・数学における授業研究の特長が分かる一冊。授業研究の重要さ、研究を行うに当たって大切なこと、方法等について実例を通して紹介。世界における日本の授業研究の位置づけ、日々の授業改善を目指して取り組まれる各校種、研究会での実際を詳述している。より効果的な授業研究を実現されたい先生方に贈る最高の入門書。

 

はじめに
日本の授業研究の概念規定が示され,国際的な広がりの中での日本の授業研究の特長が分かり,自信と誇りを持って授業研究の実践を目指すことが本書の目的です。日本の現状における授業研究の多様性が大切にされるとともに,当事者の視点からの語りを通して,多様な授業研究を貫いている本質的な特徴が明確になることで,各自が行っている授業研究の重要性や,その理由を再認識できるようにしたいと考えています。本書を読みながら,「自分もそうだ」「そこに困っている」など,共感できると同時に,同じ立場の人が具体的にどのようにしているかなど,自分と関連づけ,参考にしていただきたいと思っています。
第1部では,日本の算数・数学の授業研究(以下,授業研究)の概念規定を示し,その特徴を明記し,続いて,国際的な広まりの中での日本の授業研究の位置や貢献を述べています。それらを受け,学会員の目を通しての授業研究の現状を述べつつ,教育の課題を自ら設定し授業を見せ合う活動の拡がりへの注目の重要性を示しています。
第2部では,子どもの成長を願いながら日々の授業改善を目指して様々な校種,形態で取り組まれている授業研究の実際を,各章において具体的に取り上げています。これらの章では,授業研究に実際に取り組んでいる当事者に,何のために,何を大切にし,そして,どのような方法で授業研究を行っているのか,その実際をリアルなエピソードを含めながら語っていただいています。それに続き,授業研究を支える本質である「子どもの見方やその変化と授業研究」「数学観・数学教育観と授業研究の関わりについて」等について述べています。読者が,授業研究の実際について振り返りながら,章の共通項等が確認できるようにしています。なお,授業研究の実際」の章の間に,コラムやトピックを入れました。これも本書の特長の一つです。
第3部では,授業研究の最終局面である反省とまとめに焦点をあて,特に研究論文としてまとめることの意義とその具体的な方法や工夫等を中心に,研究としての授業研究の実際を各章において具体的に取り上げいます。何のために,何を大切に,どう行っているかを,現場の教師や大学教員に,エピソード的に語っていただいています。それに続いて,それ以前の章を振り返るとともに,研究(論文)として発表することを,日本の授業研究の特徴として,広い視点から位置付けます。
授業研究は幅広く,多様であると同時に,そのプロセスも複雑であり,各局面にある重点を明らかにしつつ述べていきます。また,最終局面にみる日本のユニークさが描き出されています。本書は様々な立場の人の語りを軸して構成されていることから,これまで授業研究を行ってきた方が自分の実施している授業研究について確認したり,別の種類の授業研究から学んだり,一方で,授業研究にこれから取り組みたい方には多様性から多くの知識を得られるように
しています。
本書は,我が国の授業研究の源泉とも言われる算数・数学の授業研究について,日本数学教育学会として著したものです。この書籍の内容を検討するために,2020 年6 月開催の第8回春期研究大会での発表やワークショップの開催がありました。また,多くの様々な立場の学会員が複数回のオンライン会議を重ね,話し合いの末に完成した多くの英知が結集した,労苦の賜物です。これまでに類を見ない書籍となったことを確信しています。多くの方々のご協力に
より完成することができました。この場を借りて,すべての関係者の方々にお礼を申し上げます。
最後になりましたが,東洋館出版社の畑中潤氏には,刊行計画当初から,各種相談に応じ,多大なるご協力をいただきました。心よりお礼申し上げます。

算数・数学 授業研究ハンドブック

著者 日本数学教育学会 編集
販売価格2,970 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

この商品に興味がある人におすすめ

著者 日本数学教育学会 編集
読者対象 小・中・高・その他
出版年月 2021-08-19
判型 A5
ページ数 278
ISBN 9784491046068

はじめに
第1部 算数・数学の授業研究の現代的意義
第1章 授業研究の概念規定と価値
第2章 国際的な視点からみた授業研究
第3章 学会員の語りからみえる日本の授業研究の目的の多様性と重要な諸側面
第2部 日々の授業改善を目指す授業研究の実際と本質
第1章 小学校の学校課題に迫る校内研修における授業研究
—若手教員の成長を例に—
 Column  算数科における主体的・対話的で深い学び
第2章 小学校の学校課題に迫る校内研修における授業研究
—算数科における全教員の授業力向上—
 Column  子どもの声や姿から学ぶ教師
第3章 複式学級における授業研究
 Column  学習指導案の書き方・読み方,授業研究の基礎基本
 Topic  数学的な見方・考え方を重視した単元の授業デザイン
第4章 中学校の学校課題に迫る校内研修における授業研究
—証明に着眼した研究サイクル—
 Column  教材研究・教科書の使い方
第5章 中学校の学校課題に迫る校内研修における授業研究
—「問題解決の授業」日常化に向けた授業づくりの在り方—
 Column  これからのICT 活用を考える
第6章 高等学校の学校課題に迫る校内研修における授業研究
—生徒から学ぶ楽しさ—
 Column  教師の同僚性を高める研究主任の役割
 Topic  協議会における進行の工夫
第7章 地域に開かれた授業研究(小学校)
 Column  指導助言者の役割
 Topic  指導助言は海外ではどう見えているのか

第8章 地域に開かれた授業研究(中学校)
—研究授業を行う若年層教員に向けて—
 Column  板書による授業プランニング
 Topic  数学的活動の本質に迫るために
第9章 地域に開かれた授業研究(高等学校)
第10 章 新しい教材開発,新しい授業の提案のための授業研究
 Column  附属だから
第11 章 学会が推進する授業研究
 Column  授業研究を支えるシステムとしての学部・大学院
第12 章 何のための授業研究か
第13 章 子どもの見方やその変化と授業研究
第14 章 数学観・数学教育観と授業研究の関わりについて
 
第3部 研究としての授業研究の実際と視点
第1章 実践研究論文が書けるようになるまで「小学校教員の学会誌投稿事例」
 Column  研究テーマの独自性:どうやって研究テーマを見いだすのか
第2章 教師の資質・能力を高めるための授業研究「中学校教員の学会誌投稿事例」
 Column  研究方法の工夫:データの取り方,活かし方
第3章 研究としての授業研究「高等学校教員の学会誌投稿事例」
 Column  授業研究の結果の客観性,一般性の示し方
第4章 附属学校の研究に汎用性をもたせる
 Column  査読者を納得させるには
第5章 研究としての授業研究の実際「学校現場の教員と大学教員の協働」
 Column  研究成果の発表に至るまで,海外に授業研究を根付かせる
第6章 異校種の教員の協働による授業研究
 Column  授業研究における研究倫理の問題
第7章 研究としての授業研究の論文化:何のために,何を大切に,どのように?
第8章 日本の授業研究を支える社会的構造
第9章 授業研究:研究を中核とする研修方法

過去に見た商品