算数授業研究137号 全学年の図の指導

著者 筑波大学附属小学校算数部
販売価格900 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

137号紹介 

 未知の概念を理解するために図化して考えたり、相手に思考過程を伝えるため図示したり、算数の授業では様々な目的で図を活用します。本特集では1~6年の具体的な授業場面で、図の指導を特集します。

  

『算数授業研究』 

 筑波大学附属小学校は、日本初の国立師範学校を前身としてもつ。準教科担任制を敷く同校の算数研究部は、国内の算数教育を力強く牽引する。年4回の「『算数授業研究』公開講座」をはじめ、各教諭が特色のある研究会を主宰するなど、国内外から年間1万人以上の教育関係者に研究成果を供している。

 1993年の創刊より、同算数研究部が企画・編集を務める『算数授業研究』誌は、全国の熱意のある授業実践者から、文部科学省の調査官まで幅広い算数教育関係者を執筆者に迎え、授業者のための算数教育誌として、根強い人気を誇っている。

#算数授業研究 #筑波大学附属小学校算数部

  

定期購読案内も承っております! 

お申し込み詳細はこちらから。 

算数授業研究137号 全学年の図の指導

著者 筑波大学附属小学校算数部
販売価格900 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

この商品に興味がある人におすすめ

著者 筑波大学附属小学校算数部
読者対象
出版年月 2021-11-16
ページ数 72
ISBN 9784491046365

02 提起文 盛山隆雄
特集
全学年の図の指導――図を使って考える子どもを育てる
04 問題解決のための図 大野 桂
06 説明のための図 盛山隆雄
08 子どもが発想した図を活かす 夏坂哲志

自ら図を使って考える子どもを育てる
10 低学年 中田寿幸
12 中学年 子どもの表現を活かす 田中英海
14 高学年 場面によって子どもに問うことを変える 森本隆史

全学年の図の指導
16 ① 数図の役割と活用の仕方 田中英海
17 ② 情景図の役割と活用の仕方 田中英海
18 ③ アレイ図の役割と活用の仕方 中田寿幸
19 ④ テープ図の役割と活用の仕方 中田寿幸
20 ⑤ 線分図の役割と活用の仕方 盛山隆雄
21 ⑥ 数直線の役割と活用の仕方 盛山隆雄
22 ⑦ 液量図の役割と活用の仕方 盛山隆雄
23 ⑧ 表の役割と活用の仕方 中田寿幸
24 ⑨ 二次元表の役割と活用の仕方 森本隆史
25 ⑩ 比例数直線の役割と活用の仕方 青山尚司
26 ⑪ 関係図の役割と活用の仕方 青山尚司
27 ⑫ 面積図の役割と活用の仕方 大野 桂
28 ⑬ 折れ線グラフの役割と活用の仕方 夏坂哲志
29 ⑭ 帯グラフの役割と活用の仕方 夏坂哲志
30 ⑮ ドットプロット・柱状グラフの役割と活用の仕方 大野 桂
31 ⑯ 補助線の役割と活用の仕方 森本隆史

図を活用する授業づくり
32 1年生 10より大きい数 数える? 表す? 菊池良幸
34 2年生 図を使って考えるよさを実感させる素地指導 内藤信義
36 3年生 操作の過程がわかる動的な図 尾形祐樹
38 4年生 目的に応じて,表やグラフを作り変える 沖野谷貞英
40 5年生 2本数直線を駆使して表現する子どもを目指す 大林将呉
42 6年生 図を身近なものにし、その良さを実感する授業づくり 松瀬 仁


44 算数GGゼミ(6月)の報告 森本隆史
45 算数GGゼミ(7月)の報告 田中英海
46 算数サマーフェスティバルオンラインの報告 大野 桂

48 初等教育学<算数科>授業づくり講座 第7回 青山尚司

50 見て、見て、my板書 岩崎佑亮
51 1人1台の端末でできること 山本大貴
52 若手奮闘記 成川雅昭
53 わたしのサークル紹介 田中径久/新城喬之

54 全国算数授業研究会だより 石川大輔
55 全国算数授業研究会 月報実践報告 舟本星怜奈

筑波大学附属小学校算数部連載
56 算数する子どもと教師 田中英海
58 互恵的に学ぶ集団を育てる授業づくり 青山尚司
60 発展的に考察する力を伸長する算数授業のつくり方 森本隆史
62 ビルドアップ型問題解決授業 大野 桂
64 算数的な感覚を豊かに育てる授業づくり 中田寿幸
66 数学的活動を通して学びに向かう力を育てる 盛山隆雄
68 失敗の活かし方を学ぶ授業 夏坂哲志
70 算数授業情報 青山尚司

表紙解説
「Double image II/具象と空想④(鈴虫、豊穣の秋)」 八洲学園大学 教授 佐々木達行
本号の主題は「ダブルイメージ」「具象と空想」対比の④である。主役としての表現対象は「鳴く鈴虫」で、対比する空想イメージは「豊穣の秋」である。鈴虫は羽を摺り合わせて秋を歌う。農家の庭先には彼岸花が咲き、棚田には黄金の稲、赤トンボが舞い白鷺が降りる。里山は色彩の競演である。たつ魚の助と猫のミーシャも豊穣の秋を祝う。

筑波大学附属小学校は、日本初の国立師範学校を前身としてもつ。準教科担任制を敷く同校の算数研究部は、国内の算数教育を力強く牽引する。年4回の「『算数授業研究』公開講座」をはじめ、各教諭が特色のある研究会を主宰するなど、国内外から年間1万人以上の教育関係者に研究成果を供している。
 1993年の創刊より、同算数研究部が企画・編集を務める『算数授業研究』誌は、全国の熱意のある授業実践者から、文部科学省の調査官まで幅広い算数教育関係者を執筆者に迎え、授業者のための算数教育誌として、根強い人気を誇っている。

過去に見た商品