人的環境のユニバーサルデザイン

著者 阿部 利彦 著
赤坂 真二 著
川上 康則 著
松久 眞実 著
販売価格1,980 (税込)
- ポイント/円 還元
Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

「『気になる子』を気にしすぎる子ども」
「友だちを傷つける子ども」

「愛着に課題がある子ども」
「険悪な関係の子ども」
「何らかの配慮が必要な子ども」
など・・・どのクラスにもこのような子どもたちはいると思われます。

しかし、この子どもたちに教師がケアをせずにいると
次第にクラスは荒れ、いじめが起きやすくなり、
学級崩壊へとつながるかも知れません。

そのような子どもたちも含め、クラス全員が安心して学べる場をつくる。
これが「人的環境のユニバーサルデザイン」です。

本書では、子どもたちの心理や置かれた環境から行動の原因をさぐり、
さまざまな事例を踏まえ、具体的な手立てを解説します。


執筆陣は、ユニバーサルデザイン・学級経営・特別支援教育の日本を代表するエキスパート

阿部利彦(星槎大学大学院教育実践研究科教授)
赤坂真二(上越教育大学教職大学院教授)
川上康則(東京都立矢口特別支援学校主任教諭)
松久眞実(桃山学院教育大学教育学部教授)

著者 阿部 利彦 著
赤坂 真二 著
川上 康則 著
松久 眞実 著
読者対象
出版年月 2019-11-08
判型 四六
ページ数 176
ISBN 9784491039466
在庫 在庫あり

【総 論】人的環境のユニバーサルデザインとは? (阿部利彦)
【第1章】 きっかけをつかむ (阿部利彦)
【第2章】 背景を知る(川上康則)
【第3章】 秩序のあるクラスをつくる(松久眞実)
【第4章】 居心地のよいクラスをつくる(赤坂真二)

阿部利彦(あべ・としひこ)
星槎大学大学院教育実践研究科教授
早稲田大学人間科学部卒業、東京国際大学大学院社会学研究科修了。専門は教育相談、学校コンサルテーション。東京障害者職業センター生活支援パートナー(現・ジョブコーチ)、東京都足立区教育研究所教育相談員、埼玉県所沢市教育委員会健やか輝き支援室支援委員などを経て、現職。星槎大学附属発達支援臨床センター長、日本授業UD学会理事、日本授業UD学会湘南支部顧問などを務める。

赤坂真二(あかさか・しんじ)
上越教育大学教職大学院教授
新潟大学教育学部卒業、上越教育大学大学院修士課程修了。学校心理士。19年間の小学校勤務では、アドラー心理学的アプローチの学級経営に取り組み、子どものやる気と自信を高める学級づくりについて実証的な研究を進める。2008年度から、即戦力となる若手教師の育成、主に小中学校現職教師の再教育にかかわりながら、講演や執筆を行う。

川上康則(かわかみ・やすのり)
東京都立矢口特別支援学校主任教諭。
立教大学卒業、筑波大学大学院修了。公認心理師、臨床発達心理士、特別支援教育士スーパーバイザー。NHK「ストレッチマン・ゴールド」番組委員。障害のある子どもの指導に長年関わる一方で、保育園・幼稚園、小・中・高校などでの講演活動、ちょっと気になる子についての相談などにも携わっている。

松久眞実(まつひさ・まなみ)
桃山学院教育大学教育学部教授。
大阪教育大学大学院修了、教育学修士。公認心理師、特別支援教育士スーパーバイザー、学校心理士、臨床発達心理士。堺市立特別支援学校で教師生活をスタートし、市内小学校で主に通常の学級担任として勤務。堺市教育委員会指導主事、プール学院大学教育学部准教授などを経て現職。

[2019年11月現在]

過去に見た商品